インフォメーション

令和元年5月14日、弊社が会員である「発泡ウレタン空洞注入協会」の2019年度総会が開催されました。
充填性に優れたトンネル補修技術「アキレス Tn-p工法」は、20年以上の実績をも持ち、NETISの『活用促進技術』にも指定された注目の工法です。

発泡ウレタン空洞注入協会
事務局住所:東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー(アキレス㈱開発営業部内)

アキレスTn-p工法

弊社の主力製品の【交通遮断機】【簡易落石防護柵:ストンゼットー】の内容を一新しました。

情報量を増やして設置事例と一緒に、お客様からご質問の多い内容を掲載しております。

導入に向けてご検討いただく際にお役立ちできれば幸いです。

 

詳細については、以下のバナーを選択してご覧ください。

 

【交通遮断機】 【ストンゼットー】
交通遮断機 WEBへ ストンゼットー WEBへ

 

 

この度、当社は改めて国土交通省 中国地方整備局より「地域建設業の事業継続計画認定証」をいただきました。
万が一に備え、災害時には迅速に地域のライフライン・インフラの復旧活動にあたり、地域の皆さまの安心・安全に貢献できるよう事業に邁進して参ります。

この度、当社でも導入しているスポーツリズムトレーニングに関するクラウドファンディングをご支援させていただきましたので、ここでご報告致します。

 

スポーツリズムトレーニングを加速させる「音」のプロジェクト、クラウドファンディングのご成功をお祈りしています!

 

 

新年、明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
また、旧年中は、多大なるご尽力をいただき、本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

新年早々、建通新聞社様に特集いただいた記事が紙面掲載されましたことをこの場をお借りしてご紹介致します。
本年も宜しくお願い申し上げます。

<画像引用元>建通新聞2019年1月1日号

平成30年12月21日、弊社代表が副会長を務めるM-CIM研究会より岐阜大学にあるインフラミュージアムの見学会に参加いたしました。
維持管理に関わる技術者がプレストレストコンクリート(PC)橋,鋼橋,トンネルの設計施工を学習するために、実際の構造物モデルが設置された日本でも有数の施設で、貴重な技術体験をすることができました。

開催日時: 平成30年12月21日(金)
開催場所: 岐阜大学工学部A棟、インフラミュージアム

http://me-unit.net/2017/10/26/infra-museum/

この度、「おかやま若者再チャレンジ応援宣言企業」に登録させていただきました。
この取り組みは、岡山県外で離職した若者の県内IJUターン再就職や、岡山県内で離職した若者の県内定着を狙いとして岡山県が行うものです。

http://www.pref.okayama.jp/site/240/561524.html

今後とも、多様なワークライフの実現を会社としてサポートしていきます。

テーマ「安心・安全で豊かな地域づくりを支える建設技術~『i-Construction』の進展と新技術で取組む地域の防災・減災対策、老朽化対策~」
弊社オリジナル「緩衝アンカーピン」(落橋防止システム)を展示いたします。

開催日時: 平成30年11月1日(木)
        平成30年11月2日(金)
開催場所: 広島産業会館 東館(広島市南区)
http://committees.jsce.or.jp/chugoku/system/files/forum2018hiroshima.pdf

平成30年10月19日、弊社代表が副会長を務めるM-CIM研究会第7回技術ミーティングに参加いたしました。
弊社からは、補修技術室室長の森川洋介が講師として「3次元モデルの活用」の発表をし、
3D計測、マイクロソフト「ホロレンズ」の活用、橋梁点検ロボット、構造物維持管理等の技術発表があり、ICT技術を学ぶことができました。

この度、国土交通功労者として国土交通省中国地方整備局長表彰をいただいたことが

2018年9月7日の建通新聞紙面に掲載されました。

 

地域のインフラ整備のために、これからも邁進して参ります。

 


ページトップへ

インフォメーション