お知らせ

 この度、建設業に興味・関心を持ってもらうため、国土交通省中国地方整備局さん、岡山県さん、岡山市さん、倉敷市さん、NEXCO西日本岡山高速道路事務所さんといった、建設業に携わる事業者さんが共同となって、技能労働者・技術者達の魅力を伝えるためのポスターが制作されました。
  このポスターには、昨年にマルナカ新倉敷店さんで行った写真展の際に、玉高美術部の皆さんにご撮影いただいた写真が使用されています。
 詳細は岡山国道事務所さんのウェブサイトにて。
http://www.cgr.mlit.go.jp/takaoda/PDF/oshirase_210608.pdf

当社が所属する岡山県コンクリート診断士会は、創立5周年を迎えました。

今回、当会が発足してからの5年間の活動内容が、「テクニカル・レポート(2016~2020)」としてまとめられました。

会員各社の企業紹介も掲載されており、弊社も以下の内容で掲載いただいております。

 

コンクリート診断士は、これからの時代に求められる構造物の長寿命化の要請に対し、効率的な補修・補強が図られるような最適かつ最新の技術レベルの向上を目的に作られた資格です。

 

現在、岡山県内においては176名が登録されている「コンクリート診断士」の活躍の場はこれからますます広がることになると思います。(2020年4月1日現在)

当社が所属する広島県コンクリート診断士会では、
第9回総会がコロナ禍の影響で資料送付による書面議決で了承されました。

当社が所属する発泡ウレタン空洞注入協会で、2021年度総会が開催されました。Tn-p工法(トンネル裏込補修用ウレタン注入工法)

新型コロナ感染防止対策としてメール決議といたしました。会員59社中、33社が出席する会議となり、全議案について承認がなされました。

2021年5月18日(火) 14:00 〜
方法:リモート(ZOOM)方式による総会

1.開会挨拶
2.審議事項
(1)2020年度活動報告
(2)2020年度会計報告、監査報告
(3)2021年度活動計画案
(4)2021年度予算案
3.報告事項
(1)2020年度 Tn-p工法実績
(2)業界動向(農水マニュアル改訂)
③施工事例のご紹介(協会員様:2社)
(4)その他(要望事項等)
4.閉会挨拶

当社が所属する岡山県コンクリート診断士会では、

令和3年5月28日(金)に岡山大学創立50周年記念館で令和3年度 定時総会を予定しておりましたが、

岡山県内における急激なコロナウイルス感染拡大に伴う予防措置として会合・会食等の自粛が求められるとともに、

「まん延防止等重点措置」の発令も予定されているため、予定していた定時総会を延期することとなりました。

弊社が所属するM-CIM研究会では、4月26日(月)及び27日(火)にかけて名古屋大学N2U-BRIDGE施設の3次元計測を実施しました。
今回の計測では名古屋大学大学院工学研究科中村光教授の協力の元実施しました。

場所 名古屋大学N2U-BRIDGE

今回の計測内容については6月に予定しているオンライン技術ミーティングにて中村先生と共に発表予定します。

概要:
株式会社補修技術設計は名古屋大学大学院構内にあるN2UBRIDGE施設の各協力部材の3次元計測を実施した。計測手法としては3次元レーザースキャナー、ハンディスキャナー、UAVドローン内蔵カメラ撮影でのSFMを利用し計測、計測データの管理方法として維持管理ソフトArena4Dでの管理例までを解説。

当社が所属する岡山県コンクリート診断士会で

コンクリート診断士受験対策講座として2021年受験対策研修会が開催されました。

【第9回 受験対策講座1】

今年の受験予定者が受講してきました。

 この度、津山市ワーク・ライフ・バランス推進企業に前回に引き続き認定されました。

 今回は、リモート会議等導入による業務の効率化、有給休暇の取得促進等が評価されました。

 今後も「働きやすさ」を感じられる環境づくり、ワーク・ライフ・バランスを意識した働き方改革の推進に取り組んでいきます。

当社が所属する広島県コンクリート診断士会で、
第46回定例会が開催されました。

特別講演
デンカ株式会社 
環境配慮型コンクリート「 CO2 SUICOM 」

技術紹介
井上建設株式会社
「歴史的構造物「長浜大橋」の塩害対策について」

株式会社太平洋コンサルタント ソリューション技術部
「X線CTを用いたコンクリートの解析」  

本日4月7日で、当社の55周年の創立記念日を迎えることができました。

こうして創立記念日を迎えられるのも、創業当時から支えていただきました皆様のおかげと存じます。ありがとうございます。

 

コロナ禍ではこれまで同様の全社員が集まっての式典の開催は断念しましたが、然るべき感染症対策をとった上でリモートで各拠点を繋ぎ、創立記念式典を執り行いました。

 

創立55周年の節目を迎え、なお一層の社会貢献に邁進し、鋭意努力していく所存でございますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

インフォメーション