自然環境整備 関連商品

真砂土舗装材 ビゼンソイル


ビゼンソイルとは特徴商品情報試験結果用途による使用量(1m2あたり)用法・用例

ビゼンソイルとは
真砂土舗装とは?

「真砂土舗装」とはイオンリッチ状水溶性固化剤「FC剤」を少量のセメントとともに混入することによって、土に化学反応をおこさせ凝固化を可能にした工法の総称です。
これにより、それまで廃棄処分するしかなかった現地の残土を土木・舗装・建築・
河川湖沼などの多方面で有効利用できるようになりました。(リ・アース工法)
そのノウハウから生まれた真砂土舗装材が「ビゼンソイル」です。
▶写真は施工例「JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部」


通常のアスファルト

夏場、冷えた室内から外に出てみると、
照り返しによりムッとくる不快な熱気を
感じませんか?

固まる土(ビゼンソイル)にすると
ビゼンソイルにすると

まさ土舗装材である、ビゼンソイルは
アスファルトよりも表面温度を
10℃近く下げることができます。


真砂土舗装材 ビゼンソイルの特徴
1
ヒートアイランド現象の緩和

◎優れた保水力で、通常のアスファルト舗装に比べて表面温度を最大20℃以上低減。
 照り返しの暑さが和らぎます。(夏季日中)
◎路盤や路床からの水の吸い上げによって「打ち水効果」が持続するので、舗装を経済的に冷却することが可能です。

アスファルト舗装の影響

アスファルト舗装の影響

ビゼンソイルの「保水性舗装」のしくみ

表面温度の比較

午後2時の時点で、ビゼンソイルはアスファルト舗装に比べて20℃以上も温度が低く、さらに日没とともに外気温とほとんど同じ温度にまで下がります。

表面温度の比較
表面温度の比較

アスファルト舗装が55.1度の時のビゼンソイル舗装の温度は43.6度

ヒートアイランド現象とは?

津山城での施工例

津山城
津山城
津山城
津山城



2
温室効果ガスの抑制

◎製品の梱包を従来の紙袋(紙とビニールの2重)から、ビニールの1重にしました。
◎セメントの使用量を極限にまで減らして(約6%)製造段階のCo2を削減しました。
◎施工現場で練り混ぜしないので、コンプレッサーや発電機から出るCo2を抑制できます。
◎全て人力で施工可能なので、施工現場内でCO2を全く排出しません。

ビゼンソイルの製造現場
ビゼンソイル製造現場 ビゼンソイル製造現場 ビゼンソイル商品



3
高いリサイクル性

高炉スラグなど、リサイクル製品を採用。また、いらなくなったら土として再利用可能です。



4
土壌汚染基準への完全対応

環境省の定める土壌汚染基準へ完全に対応しています。



5
現場周辺の住宅環境への配慮

発電機・コンプレッサーによる騒音や排気ガスを全く出さずに施工が可能です。


商品情報
ビゼンソイル

色味は自然土色
色味は自然土色

真砂土舗装材 ビゼンソイル

まさ土舗装、マサ土舗装とも呼ばれます。
一般的に花崗岩の風化したものを「真砂土」といいますが、
これに少量のセメント、混和剤を配合してプレミックス材料とします。
成分のほとんどが自然土で出来ているため、
抜群の環境性能をもっています。


用途

・ 公共施設・文化財の保護
・史跡庭園・日本庭園の舗装
・古墳・城跡などの文化財の保護
・遊歩道の舗装 ・たたき風土間
・駐車場の真砂土舗装 ・ドッグラン
・運動施設のジョギングコース
・メガソーラーの防草対策


施工例

真砂土舗装材 ビゼンソイルの試験結果
基本データ

(散水して固化したもの)

施工後日 圧縮強度 土壌硬度 保水率 熱伝導率
28日 8~9N 30~40mm 15~18% 0.67W/(m/k)


圧縮強度試験

材令28日で、8~9Nとなりました。

土壌硬度試験(山中式土壌硬度計による)

施工後1週間程度で、草の根が成長困難と言われる土壌硬度27mmをクリアしました。

圧縮強度試験 土壌硬度試験


農用地における環境基準(環境省告示46号)

不要になったビゼンソイルを崩しても、産廃にならず、その場で「土」として再利用することができます。

項  目 ビゼンソイルの測定結果 環境上の条件 判  定
砒素 1.7mg/kg 15mg未満 合  格
0.1mg/kg未満 125mg未満 合  格
カドニウム 0.1mg/kg未満 1mg未満 合  格



土壌汚染基準への適合(環境省告示46号)

ビゼンソイルは、環境省の定める土壌汚染基準の全項目に適合しており、六価クロムなど、重大な健康被害を及ぼすことのある重金属が溶出することがないので、浄水池や取水場、水源地にも使用することができます。

項  目 ビゼンソイルの測定結果 環境上の条件 判 定
カドミウム 0.01mg未満 0.01mg以下 合格
全シアン 検出されず 検液中に検出されないこと 合格
有機燐(りん) 検出されず 検液中に検出されないこと 合格
0.005mg未満 0.01mg以下 合格
六価クロム 0.01mg未満 0.05mg以下 合格
砒(ひ)素 0.005mg未満 0.01mg以下 合格
総水銀 0.0005mg未満 0.005mg以下 合格
アルキル水銀 検出されず 検液中に検出されないこと 合格
PCB 検出されず 検液中に検出されないこと 合格
ジクロロメタン 0.002mg未満 0.02mg以下 合格
四塩化炭素 0.0002mg未満 0.002mg以下 合格
1,2-ジクロロエタン 0.0004mg未満 0.004mg以下 合格
1,1-ジクロロエチレン 0.002mg未満 0.02mg以下 合格
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.004mg未満 0.04mg以下 合格
1,1,1-トリクロロエタン 0.0005mg未満 1mg以下 合格
1,1,2-トリクロロエタン 0.0006mg未満 0.006mg以下 合格
トリクロロエチレン 0.002mg未満 0.03mg以下 合格
テトラクロロエチレン 0.0005mg未満 0.01mg以下 合格
1,3-ジクロロプロペン 0.0002mg未満 0.002mg以下 合格
チウラム 0.0006mg未満 0.006mg以下 合格
シマジン 0.0003mg未満 0.003mg以下 合格
チオベンカルブ 0.002mg未満 0.02mg以下 合格
ベンゼン 0.001mg未満 0.01mg以下 合格
セレン 0.002mg未満 0.01mg以下 合格
ふっ素 0.25mg未満 0.8mg以下 合格
ほう素 0.05mg未満 1mg以下 合格


用途による使用量(1m2あたり)
雑草の防止
厚み 使用量
t=30mm 52.5kg(2.1袋)
歩道などの舗装
厚み 使用量
t=40mm 70kg(2.8袋)
   
車が乗ることがある場所
厚み 使用量
t=50mm 87.5kg(3.5袋)

※使用量はあくまで目安です。


用法・用例

1
散水工法(標準工法)

ビゼンソイルを敷き均し、水をかけて固めます。

散水工法散水工法



2
フィニッシャー工法

フィニッシャーによる大規模施工にも対応可能です。

フィニッシャー工法フィニッシャー工法



3
散水転圧工法

ビゼンソイルに水をかけた後、ローラーで転圧をします。

散水転圧工法散水転圧工法



4
練り込み工法

ビゼンソイルをミキサーで練って施工します。

練り込み工法練り込み工法



5
法面吹付工法

ビゼンソイルを圧送機械で法面に吹き付けて施工します。

法免吹付工法法免吹付工法



この商品を使用した工事はこちら
商品を購入する


お問い合わせ

  
ページトップへ