インフォメーション

当社が所属する任意団体M-CIM研究会は4月20日(金)に第6回技術ミーティングを開催しました。

主催 任意団体M-CIM研究会
場所 東京都中央区

参加者を含め50名が参加し、会員による構造物の三次元計測、UAV活用技術、ICT土工関係、橋梁点検ロボット等9件の講演発表がありました。
会員相互のICT技術の情報共有化を図ることができました。

 さて、弊社は4月7日をもちまして創立51周年を迎えました。
これもひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心からお礼申し上げます。

 昨年50周年という区切りの年を迎えて早一年となり、さらなる精進のため一層の努力をして皆様のご愛顧にお応えしていく所存でございます。 今後とも何卒ご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

山陽ロード工業株式会社

 

51期式典 会社

弊社が所属するM-CIM研究会は、
国土交通省が主催する、建設現場の生産性向上を図る産学官連携の取り組みである「i-Construction推進コンソーシアム」に法人会員として参画します。

設立総会=1月30日
場所 東京都千代田区

幅広い分野の企業や公共機関・団体、有識者などでつくる団体として発足しました。生産性が高く魅力的な新しい建設現場の創出を目指し、具体的な検討を行うワーキンググループ(WG)も立ち上げられました。

当コンソーシアムはこれらの目的を達成するため、以下のi-Constructionの推進に資する取り組みを行います。
・最新技術の現場導入のための新技術発掘
・企業間連携促進
・3次元データ利活用促進のためのデータ標準
・オープンデータ化
・i-Constructionの海外展開

国土交通省ウェブサイト
https://www.mlit.go.jp/tec/i-construction/index.html

当社が所属する岡山県コンクリート診断士会で

コンクリート診断士受験対策講座として2017年受験対策研修会が開催されました。

【第1回 受験対策講座1】

当社が所属する発泡ウレタン空洞注入協会では、Webサイトが新たに開設されました。

「発泡ウレタン空洞注入協会」及び「Tn-p工法」に関する情報発信の場として、
Webサイトを開設致しました。ご質問等ございましたら、お気軽にお問合せください。

Tn-p工法(トンネル裏込補修用ウレタン注入工法)

当社が所属するM-CIM研究会は、今年も「建設ITガイド2017(一般社団法人経済調査会発刊)」に記事掲載されます。

発刊予定日は1月30日(月)です。

当社が所属する岡山県コンクリート診断士会で第1回情報提供会が開かれました。

①スリット応力解放法の紹介:(株)計測りサーチコンサルタント

②補修・補強分野での機械化施工技術):(株)ケミカルエ事

 『津山っ子を守り育てる市民の会』様よりボランティア活動の感謝状を頂きました。 特に通学路で凍結防止剤を散布する活動が地域への交通安全活動に貢献したとして表彰されました。
 インフラ整備を通して交通安全事業を行い、地域へ貢献することを目指している当社がこのような表彰いただけたことは大変嬉しく思います。今後も交通の安全を守るべく、事業に取り組んでいきたいと思います。

 

表彰式 表彰状

当社が所属するM-CIM研究会は、第二回北陸橋梁保全会議に技術展示しました。

主催 北陸橋梁保全会議実行委員会
場所 新潟グランドホテル

本会議は10月25日(火)、26日(水)国土交通省北陸地整備局等が構成する北陸橋梁保全会議実行委員会が主催する会議にて北陸地方の橋梁関係者が参加され、M-CIM研究会の三次元データの維持管理での活用に高い関心を持ってもらいました。

当社が所属する任意団体M-CIM研究会では、
第1期定期総会及び第3回技術ミーティングを開催しました。

主催 任意団体M-CIM研究会
場所 東京都中央区

当研究会会員は実働会員6社、賛助会員3社となり、技術ミーティングでは各社技術紹介を中心に活発な情報交換がされました。


ページトップへ

インフォメーション