SSI 塩害対策工法研究会

SSI施工

 

SSI工法とは、(財)鉄道総合技術研究所と高速道路総合技術研究所 NEXCO総研(旧日本道路公団試験研究所)との共同開発による塩害抑止工法です。

 

 ◎NETIS登録技術(登録名称:N-SSI工法)
 ◎登録No. KK-100009-VR
 ◎塩分吸着剤による高防錆型断面修復工法

 

鉄筋のさびは、ケレンによって完全に除去することは不可能です。 通常の断面修復工法では、鉄筋表面に残ったさびが再劣化の大きな原因となります。 SSI工法では、残存さび層に存在する塩分を吸着し、錆の進行を抑止します。

 

塩分吸着のメカニズム

塩分吸着剤は正(+)に帯電させた層状構造を持ち、塩化物イオン(Cl-)を吸着し、予め保持させた亜硝酸イオン(NO2-)を放出します。

 
鉄筋腐食防止のメカニズム

SSI工法が従来の工法と決定的に異なるのは、鉄筋及びその周辺の塩分を低減し、鉄筋の腐食を長期的に抑止することです。

 

SSI工法のポリマーセメントモルタルには、特殊な「塩分吸着剤」が配合されており、コンクリート中の塩分や鉄筋の残存錆に含まれる添加物イオンに直接作用し、吸着・固定するので、抜本的かつ長期的に塩害を抑止する高機能防錆型の断面修復工法が可能です。部分断面修復後のマクロセル腐食対策としても有効で、高耐久性を実現します。

 

塩分吸着剤は、層状の構造を有するカルシウム・アルミニウム複合水酸化物で、層間に鉄筋腐食抑制効果のある亜硝酸イオン(NO2-)をもっています。

 ①海水や融雪剤、海砂などから供給される塩化物イオン(Cl-)を吸着して無害化し、
  鉄筋・鋼材が腐食しにくい環境に改質します。
 ②亜硝酸イオンを放出、鉄筋腐食により破壊された不動態皮膜を回復します。
 ③断面修復後の鉄筋腐食を安定的・長期的に抑止します。

 

半周:施工断面(Sa)

 

全周:施工断面(Sd)

【塩化物・イオン量に応じた材料構成パターンを選ぶことができる】
現場に即した塗布厚と施工パターンを設定できるため、合理的かつ経済的な補修が可能です。
塩化物イオン量が10kg/m3を超える事例にも対応できます。10kg/m3未満であればはつり量を低減します。

 

 

■施工実績 2019年5月 備前市 平成歩道橋
      2019年6月 国土交通省中国地方整備局 旭川大橋

■工法に関する問い合わせ
       山陽ロード工業㈱メンテナンス事業部(塩害対策工法研究会正会員)
       岡山市北区田益1388-7田益エイトビル
       TEL:086-294-7002

 

  
ページトップへ