M-CIM研究会 名古屋大学N2U-BRIDGE施設の3次元計測

弊社が所属するM-CIM研究会では、4月26日(月)及び27日(火)にかけて名古屋大学N2U-BRIDGE施設の3次元計測を実施しました。
今回の計測では名古屋大学大学院工学研究科中村光教授の協力の元実施しました。

場所 名古屋大学N2U-BRIDGE

今回の計測内容については6月に予定しているオンライン技術ミーティングにて中村先生と共に発表予定します。

概要:
株式会社補修技術設計は名古屋大学大学院構内にあるN2UBRIDGE施設の各協力部材の3次元計測を実施した。計測手法としては3次元レーザースキャナー、ハンディスキャナー、UAVドローン内蔵カメラ撮影でのSFMを利用し計測、計測データの管理方法として維持管理ソフトArena4Dでの管理例までを解説。


インフォメーション