M-CIM 研究会 名古屋講演会

弊社代表が副会長を務めるM-CIM研究会では名古屋講演会を開催予定です。

M-CIM 研究会 名古屋講演会 橋梁維持管理の3次元データの活用に向けて
(社会基盤構造物維持管理についての新技術活用)

主催 任意団体M-CIM研究会・株式会社MAEDA-Office・技建開発株式会社・橋梁通信社
場所 愛知県名古屋市千種区 名古屋大学東山キャンパスESホール

2020年行事として2018年岡山講演会に続き名古屋講演会を開催準備を進めております。今回は名古屋大学大学院工学研究科中村光教授の協力を頂き名古屋大学ESホールにて開催します。
また名古屋大学における、臨床型橋梁維持管理教育施設N2BRIDGEの施設見学も予定しております。
本施設等は中村先生が名古屋大学管理責任者としてNEXCO中日本と共同で運営しており、中京地区での橋梁維持管理者育成に活躍しています。

プログラム:
・開会挨拶 M-CIM研究会代表 中馬勝己

・3次元点群処理ソフトArena−4Dカスタム版 株式会社補修技術設計 中馬勝己

・愛知道路コンセッション方式について(予定) 愛知道路コンセッション株式会社

・臨床方橋梁維持管理教育 N2U−BRIDGEの紹介 名古屋大学大学院工学研究科 博士中村光教授

・UAV (ドローン)を活用した点検業務(予定)

・ドローンによる管路点検他(予定) 株式会社環境総合テクノス 加島清

・橋梁点検支援ロボットの現状報告 ジビル調査設計株式会社 嶋崎貢司

・N2U−BRIDGE施設見学(第1班)(第2班) 名古屋大学大学院工学研究科


インフォメーション