岡山県コンクリート診断士会を招いての現場見学会

弊社が元請工事を行う「国道30号伊達橋補修その2工事」において岡山県コンクリート診断士会を招いて現場見学会(18名参加)を行いました。

本橋は、1967年架橋の3径間ゲルバー鋼()リベットランガーアーチ橋で、国内でも非常に珍しい橋ですが、劣化が著しいため補修工事を行っています。

 

おもに、既設鋼板接着の浮き部に対する再注入のデモ、実際の注入状況、その他アルミ製検査路、当て板補修事例など過年度の事例も見ていただき、   補修技術についての理解を深めて頂きました。

http://www.okayama-cdme.jp/New.html

 


インフォメーション