防災・法面工事

防災・法面工事



地すべり防止工事

地滑り工事には大別して抑止工と抑制工があります。前者はアンカー工や杭工で、力ずくで動きを止めようとするものです。これに対し後者は、地下水排除工や地表水排除工・排土工・押え盛土工など、地すべりの原因の一つを取り除き、動きをセーブしようとするものです。

集水井工(ライナープレート)

集水井工

集水井(しゅうすいせい)工は、地下水排除工法の一つとして、すべり面に連続して存在する深層地下水を排除する目的で行われます。集水井本体の材料は、ライナープレートで、集水井完了の後、放射状に集水ボーリングを施工します。



法面保護工事

法面(のりめん)保護工は、切土工・盛土工によって出現した法面を表面で処理することによって、道路・水路・ダムなどの施設やその機能の安全性を確保し、必要に応じ周辺環境との調和を図ることを目的として施工されています。

法面工事 法面工事 法面工事


お問い合わせ

  
ページトップへ